8/8(日)日本史道場(テーマ:鈴木貫太郎)

8月ということもあり、日本史道場では終戦における歴史上の人物を紹介しました。鈴木貫太郎ほど「数奇な運命」という言葉が似合う政治家は存在しないでしょう。いつ死んでもおかしくなかった彼が生き永らえたことが我が国の歴史を大きく変化させたという事実を、先の大戦の検証と合わせて私たちはもっと学ぶべきです。